とくせい ポケットモンスター

ポケモン ブラック・ホワイト攻略GEMANI

炎の体の特性をもつポケモン

炎の体の特性を持つポケモンを手持ちの入れると、卵が孵化するために移動する距離が短くなる。
(例)メラルバ・ウルガモス・マグカルゴなど

とくせい一覧表で確認しよう

テラボルテージ 相手の特性を無効にする
ターボブレイズ 相手の特性を無効にする
エアロック 天気の影響を受けなくなる
すなのちから 砂嵐で威力の上がる技がある
ほのおのからだ 触れた相手をやけどにさせることがある
いたずらごころ 変化技を先制で出すことができる
しぜんかいふく 状態異常が、ひっこむとなおる
しょうりのほし 自分や味方の命中率が上がる
あめふらし 戦闘に出ると雨を降らす
ひでり 戦闘に出ると日差しが強くなる
せいぎのこころ あくを受けると攻撃があがる
てつのこぶし パンチを使う技の威力が上がる
まけんき 能力が下がると攻撃が上がる
とうそうしん 相手と性別が同じだと強くなる
アイスボディ あられのときHPを少しずつ回復
いかく 相手の攻撃を下げる
シェルアーマー 相手の攻撃が急所に当たらない
じしんかじょう 相手を倒すと攻撃があがる
てんねん 相手の能力の変化を無視する
はっこう 野生のポケモンに遭遇しやすくなる
あついしぼう 炎と氷タイプの技に強い
よわき HP画半分になると能力が下がる
マジックガード 攻撃以外ではダメージを受けない
せいしんりょく ひるまない
のろわれボディ 攻撃されるとたまに金縛りにする
むしのしらせ ピンチのときに虫の威力が上がる
ゆきがくれ 天気があられのときに回避率が上がる
ハードロック 効果抜群のときに威力を弱める
ちからずく 力が強くなるが追加効果がなくなる
そうしょく 草の技を受けると威力が上がる
だっぴ 状態異常を治すことがある
かいりきばさみ 相手に攻撃を下げられない
いしあたま ぶつかっても反動を受けない
はとむね 防御を下げる攻撃を受けない
ちょすい 水を受けると回復する
せいでんき 触った相手を麻痺させることがある
ようりょくそ 晴れのときすばやさがあがる
ダルマモード ピンチになると姿が変化する
てつのとげ 触れた相手を傷つける
でんきエンジン でんきを受けるとすばやさがあがる
するどいめ 命中率を下げられない
かるわざ 道具がなくなるとすばやさがあがる
イリュージョン 後ろのポケモンになりきって出てくる
がんじょう 一撃で倒されない
マイペース 混乱状態にならない
かそく ちょっとずつすばやくなっていく
プレッシャー 相手の使うわざのPPを多く減らす
どんかん メロメロ状態にならない
メロメロボディ 触れるとメロメロにすることがある
すいすい 雨のときすばやさが上がる
テレパシー 味方の攻撃を読み取って受けない
ふくがん 技の命中率が上がる
ノーテンキ 天気の影響がなくなる
ふゆう 地面タイプの技をうけない
どくのとげ 触れた相手に毒を負わせることがある
うるおいボディ 状態異常が雨のとき治る
くいしんぼう 木の実をいつもより早く使う
もらいび 炎を受けると炎技が強くなる
じゅうなん 麻痺状態にならない
いろめがね 効果いまひとつのとき技を強める
ちからもち 物理攻撃の威力が上がる
いやしのこころ 味方の状態異常をたまに治す
こんじょう 状態異常で攻撃が上がる
ようりょくそ 晴れのときすばやさが上昇
ミラクルスキン 変化技を受けにくい体に
マルチタイプ 持っているプレートでタイプが変化
さいせいりょく ひっこめるとHPが少し回復する
きけんよち 相手の持つ危険な技を察知する
ほうし 触れると毒麻痺眠りにすることがある
いしあたま ぶつかっても反動を受けない
ミイラ 相手に触れられると相手をミイラに
スナイパー 急所に当てたとき威力が上がる
おみとおし 相手の持ち物を知ることができる
すながくれ 砂嵐で回避率が上がる
にげあし 野性のポケモンから必ず逃げられる
あくしゅう くさくて相手がひるむことがある
すりぬけ 相手の壁をすり抜けて攻撃
リーフガード 晴れのとき状態異常にならない
ちょすい 水を受けると回復
やるき 眠り状態にならない
どくしゅ 触るだけで相手を毒にすることがある
マイナス プラスかマイナスがいると特攻が上昇
めんえき 毒状態にならない
あとだし 技を出す順番が最後になる
あめうけざら 雨状態のときHPが回復する
ありじごく 相手は逃げたり入れ替えたりすることが不可能になる
ふゆうひこうの相手には効果がない。野生のポケモンと出会いやすくなる
いかりのつぼ 受けた攻撃が急所に当たると攻撃の段階が最大まであがる
いしあたま 攻撃して与えた駄目0字に応じて反動でダメージを受ける技の反動ダメージを受けない
かげふみ 入れ替えることができなくなる。あいてもかげふみの場合は効果がない
カブトアーマー 技が急所に当たらない
かんそうはだ 水タイプの技を受けるとHPが回復する
天気が雨の状態の時には毎ターン回復する
逆に炎の技を受けるダメージが増し天気が晴れの場合は毎ターンダメージを受ける
きもったま ノーマルタイプの技がゴーストタイプに当たるようになる
きゅうばん 「ふきとばし」「ほえる」などの強制交代技をうけても効かない
手持ちの戦闘にいるとつりをしたときにポケモンがつりやすくなる
きょううん 自分の技が急所に当たりやすい
クリアボディ 相手の技によって能力を下げられない
げきりゅう HPが三分の一以下になるとみずタイプの技が15倍になる
さめはだ 直接攻撃の技を当ててきた相手のHPを少し減らす
しめりけ お互いに「じばく」「だいばくはつ」が使えない 「ゆうばく」も発動しない
じりょく 鋼タイプのポケモンは逃げられなくなる
手持ちの先頭にいると鋼タイプのポケモンと遭遇しやすくなる
しろいけむり 相手の技によって能力が下げられない
手持ちの先頭にいると野生のポケモンと遭遇しにくくなる
シンクロ 自分がどくまひやけど状態になったとき相手もなる
手持ちの先頭にいると同じ性格のポケモンが出てきやすくなる
しんりょく HPが三分の一以下になると草タイプのわざの威力が1.5倍になる
スキルリンク 連続攻撃の技が最大の威力になる
2~5回当たる技は常に五回当たる
すてみ 攻撃の反動でダメージを受ける技の威力が上がる
スロースタート バトルに出てから5ターンたつまで攻撃防御すばやさが半減
せいでんき 直接攻撃の技を当ててきた相手を三十パーセントの確率で麻痺にする
手持ちの先頭にいると電気タイプの野生のポケモンと遭遇しやすくなる
たいねつ ほのおタイプとやけどで受けるダメージが半減
ダウンロード 相手の防御特防の低いほうに応じて攻撃特攻を一段階あげる
ちくでん 電気タイプの技をうけるとダメージを受けずにHPが回復する
ちどりあし 自分が混乱状態のときに回避率があがる
てきおうりょく 攻撃したわざと陣のたぷが同じとき相性の影響が大きい
テクニシャン 威力が60以下の技の威力を1.5倍にする
威力の変動する技や技の効果によって変動のあったばあいも考慮される
てんきや テンキに応じてポワルンの姿とタイプが変化
てんのめぐみ 技の効果のでやすさが二倍に
どくのとげ 直接攻撃をあててきた相手を30パーセントの確率で毒に
トレース 相手の特性と同じに
ナイトメア 眠り状態の相手に毎ターンダメージ
ノーマルスキン 自分の技がすべてノーマルに
なまけ 二ターンに一回しか攻撃できない
はっこう 手持ちの先頭にいると野生のポケモンと出会いやすく
はやあし 自分が状態異常のときにすばやさが二倍に
手持ちの先頭にいると野生のポケモンと遭遇しにくくなる
はりきり 攻撃が1・5倍にが物理技の命中力が0・8倍に
手持ちの先頭にいると高いレベルのポケモンと出会いやすくなる
ひらいしん 電気技がすべて自分に来る
フィルター 効果抜群の技の威力を少なくなる
ぶきよう バトル中に効果の出る道具を持たせても発揮できない
ふしぎなウロコ 状態異常のとき防御が1・5倍に
ふしぎなまもり 効果抜群のわざしか受けない
プラス 「マイナス」の特性を持ったポケモンが場に出ていると特攻が1・5倍に
フラワーギフト 日差しが強いとき自分と味方のポケモンの攻撃と特防が1・5倍に
ヘドロえき HPを吸い取る技を使ってきた相手に対して、逆にダメージを与えられる
へんしょく 技を受けるとその技のタイプになる
ポイズンヒール 自分がどく状態のとき、毎ターンHPが回復する
ぼうおん 音を使った技を受けない
ほうし 直接攻撃を当ててきた相手を30%の確立でどく、まひ、ねむりにする
マグマのよろい 氷状態にならない。卵がかえりやすくなる
みずのベール やけど状態にならない
メロメロボディ 直接攻撃を当ててきた相手を30%の確立でメロメロ状態にする
てもちの先頭にいると、異性のポケモンに出会いやすくなる
もうか HPが三分の一になると、炎タイプの技の威力が1・5倍になる
ものひろい 道具を持っていない状態だと、バトル後に道具を拾っていることがある
レベルに応じて拾ってくるものが変わる。バトルにでていなくても拾ってくる
ゆうばく 相手の攻撃で瀕死状態になったとき、相手の最大四分の一ダメージを与える
ゆきがくれ 天気があられ状態のとき、回避率があがる
手持ちの先頭にいると、フィールドの天気が雪のときに野生のポケモンであいにくくなる
ゆきふらし 場に出るとあられ状態になる
ヨガパワー 攻撃が高い。が、特性がなくなると二分の一になる
よちむ 場に出たとき、相手のわざがひとつわかる。威力の高い技が優先される
よびみず 水タイプの技が全部自分に来る

不利なとくせい

絶対不利になるのもあれば、メリットとデメリットが存在するものもあります。
はりきり命中率がさがる。
しめりけだいばくはつ、じばくが使えない。
スロースタートバトルがはじまって、5ターンたたないと能力が半分になる。
など、あります。



とくせいについて

とくせいについて復習しましょう。(始め)

・あくしゅう てもちの戦闘にいるとポケモンと遭遇しにくくなる。
・あついしぼう ほのお・こおりタイプの技で受けるダメージを半減する。
・いかく バトルに出てきたとき相手の攻撃を一段階下げる。
てもちの戦闘にいるとレベルの低い野生のポケモンと遭遇しない。
・いしあたま 攻撃して与えたダメージに応じて自分も反動でダメージを受ける技の反動ダメージを受けない。
・うるおいボディ 天気が雨の状態の時ターン終了時に状態異常が治る。
・かたやぶり 相手の特性の影響を受けずに技を出すことができる。攻撃後に効果のある特性には無効。

特性について復習しよう!(中)

・カブトアーマー 相手の攻撃がきゅうしょに当たらない
・かるわざ 持っている道具がなくなると素早さが2倍になる。道具をまた持つと元に戻る。
・がんじょう 一撃でひんし状態にされている技が聞かない。
・かんそうはだ みずタイプ技で受けるダメージが減り天気が雨状態の時に毎ターンHPが回復する。
逆に炎タイプの技で受けるダメージが増え天気が日差しが強い状態の時に毎ターンダメージを受ける。
・きけんよち バトルに出た時相手が自分に対して効果抜群になる技か
一撃でひんし状態になれる技を持っていると分かる。
・きゅうばん 「吹き飛ばし」「吠える」などの相手を交代させる技を受けても効かない。
釣りの時ポケモンが連れやすくなる。
・きょううん 自分の技がきゅうしょに当たりやすい。
・クリアボディ 相手の技によって能力を下げられない。
・げきりゅう HPが3分の1以下になるとみずタイプの技の威力が1.5倍になる。
・しぜんかいふく バトルから引っ込むと状態異常が治る。
・しめりけ お互いに「自爆」「大爆発」できない。特性「ゆうばく」も発動しなくなる。
・じゅうなん マヒ状態にならない。

特性について復習しよう!(終前)

・シンクロ 自分が毒、マヒ、焼けど状態になった時相手もなる。
・しんりょく HPが3分の1以下になると草タイプの技の威力が1.5倍になる。
・すいすい 天気が雨の時素早さが2倍になる。
・スナイパー 技をきゅうしょに当てた時に相手に与えるダメージが多い。
・すなおこし バトルに出ていると天気が砂嵐状態になる。
・すながくれ 天気が砂嵐状態の時回避率が上がる。
・するどいめ 命中率を下げられない。
・せいしんりょく 相手の技の追加効果でひるまされない。
・せいでんき 直接攻撃の技を当ててきた相手を30%の確率でマヒ状態にする。
・たいねつ ほのおタイプの技とやけど状態によってダメージが半減する。
・だっぴ 状態異常がターン事に3分の1の確率で治る。
・たいじゅん 能力変化による影響が大きい。
・ちからもち 攻撃が高い。
・ちどりあし 自分が混乱情報の時回避率が上がる。
・ちょすい 水タイプの技を受けるとダメージを受けずにHP回復。

特性について復習しよう!(無し!)

・テクニシャン 威力が60以下の技の威力を1.5倍にする。
・てんねん 相手の威力変化の影響を受けない。
・てんのめぐみ 技の追加効果の出かすさが2倍になる。
・とんそうしん 性別が同じ相手に対しては攻撃が上がる。
・どくのトゲ 直接攻撃の技を当ててきた相手を30%の確率で毒状態にする。
・どんかん メロメロ状態にならない。
・にげあし トレーナー戦以外、必ず逃げられる。
・ねんちゃく 持っている道具を取られない。
・ノーガード お互いに攻撃が必ず当たるようになる。

特性について復習しよう!(無し!)

・ノーてんき バトル中のポケモンの全てに天気の影響がなくなる。
・はやおき 眠り状態から早く起きる。
・はりきり 攻撃が1.5倍になるが、物理攻撃の命中率が0.8倍になる。
・フィルター 効果抜群の技を受けた時のダメージを半減する。
・ぶきよう バトル中に効果のある道具を持たせても、発動しない。
・ふくつのこころ 相手からひるませるたびに、素早さが一段階上がる。
・ふしぎなうろこ 状態異常の時、防御が1.5倍になる。
・ふみん 眠り状態にならない。
・ふゆう 地面タイプの技を受けない。