ポケモン育成の基礎 ポケモンBW2攻略

ポケモンBW2攻略GEMANI

ポケモン育成の基礎

いまや世界中で大ヒットとなっているゲーム、ポケットモンスターシリーズ。

一般的なゲームのようにただストーリーを進めるだけで無く、
ポケモンを収集したり、レベルを上げたり、友達と交換/対戦を楽しんだり…等
様々な遊び方がこのゲームには存在します。

しかし一般的には、中学生辺りからこういう意見を持つ人が多くなるのも事実です。

「ポケモン?あんな子供向けゲーム小学生で卒業しろよ」

はい。
まぁアニメ等のイメージからポケモン=子供向けというイメージが定着してしまうのも仕方が無いでしょう。

しかし...このゲームには裏の世界が存在するのです。

個体値や努力値、種族値の3値やめざパ、計算されつくした技とパーティー構成。
鮮烈なダメージ計算とそれに伴う正確で高度なステータス調整。

何が言いたいのかと言うとこのゲーム、非常に高度な数学が要求されるのです。
つまり、数学出来ないガキはポケモンなんて出来ない。どう見ても子供向けなんかじゃない。

それがこのゲームの裏の世界であり、真実です。

3値について

ポケモンにおいて最も基本的かつ最も重要な要素。それがこの3値です。

弱ポケ育成論

3値とは「努力値」「個体値」「種族値」の3つを総称したもので
この3つと後ほど解説する性格でポケモンのステータスは計算されるのです。

1-1.種族値

これが一番解説するのもも理解するのも楽でしょう。

例えば、フーディンとガブリアス。この2匹には決定的な違いがあります。

それは「とくこう」が優れているか「こうげき」が優れているか。
普通に考えてどちらがどちらに当てはまるのかは想像がつきますよね

ではなぜこのように、ポケモンによって特徴があるのか。この原因となるのが「種族値」です。

一言で言えば「種族値が高いほどその能力は伸びやすい」これだけ。
例えばハピナスのHPがやたら高いのはHPの種族値が高い(255)為。
プテラがやたら速いのは素早さの種族値が高い(130)為なのです。

当然種族値が低いものほど伸びづらいのです。
ツボツボがやたら遅いのは素早さ種族値が低い(5)から。

そのため、この種族値を見ることでそのポケモンがどのような戦い方をするのか。ある程度想像することが可能です。

ラティオス
HP80-攻撃90-防御80-特殊攻撃130-特殊防御110-素早さ110

見ての通り特殊攻撃は脅威の130。そして素早さは速めの110。
ここからラティオスは、高速の特殊アタッカーであることが推測できる...といった感じ。

ポケモンの種族値を覚えているほどの廃人もこのゲームには存在しますが
流石にそこまではやらなくても大丈夫です。

でもまぁメジャーポケモンの素早さ種族値くらいは丸暗記しないと話になりませんよ(ニッコリ)

1-2.個体値

種族値がここまで伸びるとは思わないよね...

個体値は読んで字の如く「個体ごとに能力を数値で表したもの」

詳しく言うと
野生ポケモンはエンカウントした瞬間。
孵化産のポケモンは爺に呼ばれた瞬間にこの数値が全て決定されます。
そしてこの数値が一度決定されれば変更は絶対に不可能。

つまり、ポケモンごとの能力の差とも言えます。
例えば人間でも
勉強ができて運動ができない人間。その逆の人間
両方できる人間、両方できない人間…など様々な人間が存在します。
これと同じでポケモンの素質を数値で表したもの。それがこの個体値です。

個体値は各能力に0~31の値が振られ
レベル50の場合、個体値2上昇するごとに対応する実数値は1上昇します。
つまり個体値31の時は実数値は15.5上昇。

「0.5どこいったんだよ」って人は「努力値」のページに解説したのでそっち見てね(おんぷ)

ちなみにめざめるパワーのタイプや威力も個体値で決定されます。

また、この個体値を厳選するという方法も存在します。
この方法については「たまご研究」のページの記事をみてね(はあと)

1-3.努力値

最後がこの努力値。
一番入りやすいものでもあるんだけど解説が一番面倒なものでもあります。

努力値はいわばもともとあった素質をどう高めるか
つまりプレイヤーに委ねられているものなのです。

これまた人間で言うと、
例えば頭のいい人間が勉強をしたらもっと頭がよくなるし
スポーツが苦手な人間がスポーツの練習をすればある程度は出来るようになる...といった感じ。

・各能力に最大255まで振ることができる
・1匹のポケモンに振ることがてきるのは510まで
・基本的にはポケモンを倒すことで蓄積される

この3つが努力値の大前提です。
但し、レベル50の場合努力値を8振ることで実数値は1上昇。
つまり1つのステータスに248以上努力値を振る必要は無い...

訳ではありません。
ここで絡んでくるのが個体値なのですが、「努力値」のページにその解説は書いたのでそちらを参照しての(ゲス顔)

また基本的にはポケモンを倒すことで…とありますが
マックスアップやタウリンなどのドーピングアイテム、
そしてBW2限定ですが道場やカフェ
これらが例外にあたります。
なお、ドーピングアイテム1個使用ごとに対応するステータスの努力値は10上がるのですが
そのステータスの努力値が100にたっすると「効果が無い」と言われます。

基本的には努力値は極振り
つまり252-252-4という形が最も多いのですが
あるポケモンのある攻撃を確定で耐えられるようにステータスを調整するという高度なものも行うことが可能です。

性格について

普通にポケモンをプレイしていたら気づく人も多いと思いますが
ポケモンには「性格」というものが存在します。

「『臆病』なグレイシア可愛い~」
「『図太い』カイリキーとか気持ち悪い~」

なんて思ったこともあるのではないでしょうか。

実はこれ、努力値や個体値等の隠しステータスと肩を並べるほど
ポケモン育成においては重要な存在でもあるのです。

2-1.性格補正について

3値についての話の流れから
性格がステータスに大きく影響するというのは大体想像がつくでしょう。

具体的に言いますと、HP以外の5つのステータスが性格の影響を受け
1.1倍、無補正、0.9倍のどれかに変動します。


※ここではH(Hit-point/体力)、A(Attack/攻撃)、B(Block/防御)、C(Contact/特殊攻撃)
 D(Deffence/特殊防御)、S(Speed/素早さ)の略称を使用します。

Aに上昇補正がかかる性格
寂しがり 但しB0.9倍
意地っ張り 但しC0.9倍
やんちゃ 但しD0.9倍
勇敢 但しS0.9倍
Bに上昇補正がかかる性格
図太い 但しA0.9倍
腕白 但しC0.9倍
能天気 但しD0.9倍
呑気 但しS0.9倍
Cに上昇補正がかかる性格
控えめ 但しA0.9倍
おっとり 但しB0.9倍
うっかりや 但しD0.9倍
冷静 但しS0.9倍
Dに上昇補正がかかる性格
穏やか 但しA0.9倍
おとなしい 但しB0.9倍
慎重 但しC0.9倍
生意気 但しS0.9倍
Sに上昇補正がかかる性格
臆病 但しA0.9倍
せっかち 但しB0.9倍
陽気 但しC0.9倍
無邪気 但しD0.9倍

その他…無補正

1-2.性格の選び方

ここでは性格の選び方。
つまりどのようにポケモンの性格を決めればいいかをいくつかの例をとって解説します。

1.ラティオス
2度目の登場ラティオス先生です。
前も言いましたがこのポケモンは専ら特殊のアタッカー。

つまり攻撃が下降補正となる性格を選びましょう。

では何を上げればいいのか
努力値のように分けて振るなんて甘ったるい考えは通用しません。

何度も言いますがこのポケモンは特殊攻撃を中心としたアタッカー。
つまりAを下げてCを上げる[控えめ]を使用するというのもアリですが

S110

これを生かさないのは少し勿体ないかもしれません。
なぜならすぐ下はまさに激線区。
つまりこの付近には強力なポケモンがウロウロしているのです。

ポケモンというゲームは素早さ実数値がたった「1」違うだけで先手後手が決定するゲーム。
つまり素早さはどのステータスよりも気を遣わなければならない数値なのです。

また、最速には同じラティオスに先手をとることができる、という利点もあります

よってAを下げてSが上がる[臆病]がレート環境においては一般的です。

勿論[控えめ]にして火力を追求するのもアリですし
地味に高いDを上げる為に[穏やか]にする、など何でもアリです。


2.ラッキー
別名ピンクの魔神。
新アイテム「しんかのきせき」を持たせることで
基地外じみた特殊耐久とHPを手に入れるポケモンです。

つまりこのポケモンはアタッカーとしての運用はするべきでない。
よってAかCかのどちらかを下降補正に選ぶ必要があります。

このポケモンのメインウェポンは固定ダメージのどくどくや地球投げが一般的なので
基本的にはどちらを下降させてもOKです。が

特性てんのめぐみを生かして大文字や雷で状態異常を撒くのもアリです。
そのため一般的にはAを下げることが多いでしょう。

ではどの能力を上げればいいのか
残されたのはB.D.Sとなりました。


このポケモンの特徴は恐るべし耐久を生かした受けが一般的なので
ラティオスほどSを重要師する必要はありません。

よってBを上げるために図太いか、Dを上げる穏やかか。このどちらかの選択となります。

ラッキーの場合Dに性格補正をかけなくても相当な特殊耐久がもとからあるので
物理相手にもある程度役割を持たせられる為にも「図太い」を選択するのが多いでしょう。

しかし、もともと高い特殊耐久を更に高めたいという人は
「穏やか」を選択していただいても問題はありません。


パーティーと相談すれば自ずと浮かび上がってくるはず。
個体値よりもよっぽど大事なので、まずは性格一致を目指して厳選してみましょう。

意見というより補足的なものをさせて頂きましょう。
性格は特性シンクロのポケモンを先頭にすれば
50%の確率でシンクロのポケモンと同じ特性になります。
なのでシンクロは非常に便利です。
まぁシンクロのポケモンの性格を粘って厳選する必要がありますが…