弱ポケ育成論
ポケモンBW2(ブラック2ホワイト2)攻略

ポケモンBW2(ポケモンブラック2・ホワイト2)攻略GEMANI

弱ポケの育成について

私が一番好きなスピアーの育成論を書こうかなと思ったんですが
正直、他で既に十分研究されちゃってます

そこでふと思ったのが、高種族値の強ポケの育成論はあっても弱ポケについて書いてる人が居ない
って事で弱ポケの育成について書いてみたいと思います

ちなみに3値などの基礎知識は知ってる前提です
詳しく書いてる場所がいくつもあるので、そちらを見て下さい



それでは、はじめます。

そもそも弱ポケってなんでしょう

まず思うのは低種族値です
単純に種族値が低ければステータスが低いので弱いですよね
「600族」という通称があるように、種族値はたしかに大きな要素です

ところが、現在のポケモン界ではLv1のポケモンが活躍する事があります
Lv1頑丈と呼ばれる戦術ですね
ここでは簡単に説明しますが、相手の攻撃を頑丈で耐え、痛み分けで全回復
それをあらかじめ毒にした相手に繰り返して、最後は毒で倒すという戦術です
そして、痛み分けで全回復して頑丈を再発動出来るようにHPの低いLV1を使います
実戦では弱点も色々あるんですが、ここでは省きます
つまり、どれだけ能力値が低いポケモンでも戦術次第で勝てるという事です 弱ポケの原因が能力じゃないなら何か
考えつくのは技です
これは半分は正解と言っていいでしょう
極論ですが、ゲーム内でたんぱん小僧が使うトランセルと戦った経験のある人なら分かると思います
トランセルは技が「かたくなる」だけです
これではどう頑張っても勝ち目はありません
たとえ全種族値が200だとしても、いずれは負けるでしょう
(わるあがきで倒せるような相手以外)
「かたくなる」だけというのは極端にしても、特殊技のみのポケモンでハピナスを倒すのは極めて困難です
他にも、格闘技しか覚えてないポケモンがゴーストを相手にしたら詰みです

さすがにそこまでの状態は普通ありえませんが
覚える技の都合で、どうしても偏るポケモンは存在します
これが俗に言う「範囲が狭い」という事です 範囲が狭いと不利な相手と相対しやすく、交換しても1ターン分不利になります
逆に範囲が広ければ相手が交換したときに、ダメージを与えて確実に優位にしやすいです
「一貫性のある技」というのがこれですね
では一貫性のある技を覚えるポケモン=強ポケなのか
実はこれも違います


やっと本題です

どれだけ一貫性のある技でも使えなければ意味がありません
たとえ全ポケモンを一撃で倒せる命中100技を持っていても、使う前に倒されては意味がありません
「行動順の確保」 これがポケモンバトルで最重要であり
特に弱ポケと呼ばれるポケモンを使う場合に意識する必用のある事です

行動順の確保は、あまり他では聞かない言葉だと思います
というか、当たり前で省いてる内容ですね
一般的に強ポケと呼ばれるポケモンは、意識せずとも出来る事ですから

では詳しく話ていきましょう
行動順の確保とは何か
単純に言えば「技を使う事」です 自分のターンが回ってきて、技を使う事で何らかの効果を与える
ポケモンバトルの基礎というか、それ以前の当たり前ですね
しかし、これは弱ポケを使ううえでは非常に重要な要素です

そもそも行動するにはどうしたらいいでしょうか

方法は3つです

1 相手より早く動く
2 相手の攻撃ターンを耐えてから動く
3 相手が動けない間に動く

1は単純に素早さで勝つという事です

種族値以外にも、先制技、こだわりスカーフ、せんせいのつめ、いたずらごころ、かるわざ、おいかぜ、トリックルームなど

これらは全て、この1を満たす為に用いられるものですね

2は攻撃に耐えるだけです

H、B、Cの数値の高さはもちろん、タイプによる半減も重要になります
1ターンだけ耐える為のものは半減実、気合のタスキ、ちょすい、がんじょうなど
数ターン耐え続ける状況を作る為のものがリフレクター、じこさいせい、甘える、オボンの実など

前述のLv1がんじょうはこれに当たります

3はやや運や相手依存の要素です

麻痺や眠り、はかいこうせんなどのの反動ターンや溜めターンで相手が動けない時です
また相手のポケモン交換ターンも代表的ですね
他に積み技読みで居座ったターン、相手のふいうち読み補助技なども考えられます

ポケモンの能力というより、読みや戦術で作り出すといった感じです

逆を言えば、これらを満たせないポケモンが弱ポケと呼ばれるポケモンになります

具体的な例をあげましょう

みんな大好き、ピカチュウです

ピカチュウは専用道具「でんきだま」により全ての技の威力が倍になります
特に物理は威力120命中100の専用技「ボルテッカー」を持ち
電気物理としては禁止伝説級であるゼクロムを除けば全ポケ中でも最高峰の火力を誇ります
にも関わらず、ランダムバトルでピカチュウを見る事はほぼありません

なぜでしょうか
それが、行動順の確保が出来ないからです

ピカチュウの種族値はH35、A55、B30、C50、D40、S90です
ややSが高いですが、ランダムにおいてS90では先制出来る相手は半数程度でしょう
また、持ち物がでんきだま固定なのでスカーフによる補正も期待出来ません
耐えて、というのは速度以上に難しいです、下手すれば半減技や先制技でも一撃で倒される数字です
その為、事前においかぜなど他の技のサポートがあるか、読み合いでピカチュウが反撃されないタイミングを作るしか無いです
このように行動順が来ない=何も出来ないまま倒されるという危険が非常に大きいので、火力があっても使われません

逆に最初に述べたLv1がんじょう

これは特性がんじょうのおかげでHP満タンであれば確実に耐える=確実に行動出来るわけです
行動出来ればいたみわけで回復したり、毒を撒いたり、じたばたで削ったりと手はあります
だからこそLv1でも他のポケモンと戦えます

つまり、さほど高く無い素早さ・紙耐久・それを補う要素(タイプ・特性など)を持たない

これが弱ポケの条件と言えるでしょう
一般的に強ポケと呼ばれるポケモンの場合も行動順は重要ですが「何もできない」という事は稀です
しかし弱ポケは種族値で劣る分、意識しないと戦術を立てる事すら出来ずに終わってしまいます