ダウンロード・配信 ポケモンBW2攻略GEMANI

ポケモンBW2攻略GEMANI

ポケモン全国図鑑Proのゲノセクトのキーワードが公開

実は1/11時点で公式サイトにキーワードが公開されていたようなのですが今いつの間に交換日記で北米版ポケモン全国図鑑Proのゲノセクトの便箋が届いてやっと公開されたことに気付きました(メロエッタの時に比べて話題になってなさすぎるだろう…)

キーワードはQUHDPHEUです

これでようやくポケモン全国図鑑ProのデータがNo649まで完璧になりましたね
X・Y発売されたらどうなるんだろう

公式ポケモン図鑑proがIpob向きに配信

大盛況だったポケモン図鑑proがipob向きに配信されます。

今回配信されるものは3DS向けに配信された以前のとは違い、
一目で図鑑の分、タイプ相性、覚える技などを
一目で見ることができるようになりました。

また、ポケモンが乗っている台座を回転、縮小、拡大もでき、
紹介の画面を見た限りではピカチュウが
10万ボルトを使うシーンも見れるようなので、
他のポケモンでも技を使うシーンを見ることができるかと。

ちなみに検索機能も優れていて、
アプリを起動させると一覧が表示され、
それをタップすればそのポケモンの物を見ることができますし、
簡単な条件(例えば名前を2文字しか打たないなど)で検索しても
情報が出てきますし、卵グループや特性、覚える技などからでも
調べることができます。
勿論、技の検索もできます。

初期に見ることができるのはイッシュのポケモンだけですが、
追加購入することでほかの地方のポケモン達も
見ることができるようになります。

価格はイッシュ、つまりこのアプリ自体は170円、
他の地方のポケモンを追加購入する際は500円となります。

後、ご自宅にWI-FIの環境がある方は
パソコンからのダウンロードも可能なようです。
3DS、ipobを持っていない自分はパソコンからダウンロードしようかな…

以上です。

ちょっとネガキャンみたいになってしまいますがはっきり言ってこれ買うと損です。
内容自体は3DS版と大して変わらないのですが(記事主の言ってることはほぼ全て3DS版でも出来ます)まず全地方のポケモン見れるようにすると値段が合計で2170円になります。3DS版に比べ670円高いです。

さらに別に無くてもいい機能なんですが3DS版にあったポケモンチャレンジやARファインダーなどの遊びの要素が削られてます。
そしてこれまでの公式の図鑑の例に漏れずこの図鑑も種族値などの実戦で必要となるデータは載ってませんし3DSでBW2などをプレイしてる傍らで図鑑として使うにしてもどうせiPhoneとか使える環境なら有志が作った種族値とか個体値チェッカーなどの付いた図鑑アプリやネット上の攻略サイトでも見た方がいいのでほぼ完全にこのアプリを買うメリットは0です。

正直言って図鑑目的ならネットの情報を、3Dのポケモンを見たいなら3DSダウンロードソフトのポケモン全国図鑑Proを買った方が得だと思われます。

あと記事主さん勘違いしているようですがこのアプリはiPhone/iPodtouch/iPadで配信されているアプリなのでパソコンでは買えないので念のため…
ついでにipobではなく正しくはipodなのでこの辺も念のため(笑)



プラズマ団に入団しよう!

プラーズマー
メタルモードです。

えっなぜプラーズマーていって登場したかって?
それはズバリプラズマ団に入団したからですよ!
「ハァなんだこいつ馬鹿じゃないのか?」って思った方もいらしゃるでしょう。
そんな方のためにご説明しましょう。
大体そのためにこの記事書こうと思ったんですからね。

まずオフシャルサイトを開きます。
開いたら「プラズマ団が制圧中!きみも入団してみないか!?」
と書いてある項目があるのでそこをクリックします。
そうすると入団証の代わりにPC、スマホ用の壁紙を用意したそうで
それをダウンロードすることができます。
図柄はプラズマ団のマークです。
(個人的には結構かっこいい)
またプラズマ団は、ポケモン公式ツイッターをフォローし、
それからツイートされるプラズマミッションを実行して
完了したらプラーズマーとツイートして欲しいそうです。

これで終わりたいところですが、記事薄いですね。
なら何度もプラーズマーって言ってやる!
プラーズマー、プラーズマー、プラーズマー…(省略)

情報元:ポケットモンスターオフィシャルサイト

全国図鑑pro

この3つの問題をやってみましょう。

1、PGFOAUTF公式サイトでも、発表済みですがメロエッタのデータが追加されます。
ということはゲノセクトもそのうちでるはずです。

2、GODとてつもなく早いです。

3、DEBIRU内容はアルセウスのタイプで2同様早いです。




ゲノセクトがWiFiで配布されるらしい

コロコロコミック8月号の記事に載っている情報です。
それによると、8月11日から9月14日かけてポケットモンスターブラック2ホワイト2向けに(BWは駄目みたいです)、WiFiコネクションでゲノセクトが無料配布される らしいですゲノセクトは来年の映画で劇場配布だと思っていたので正直驚きです。 幻のポケモンを僅か2年の間に全て解禁してしまうのはかなり異例の事なので、
恐らく早くDSで展開している第五世代にケリをつけて、3DSの第六世代に移行したいと公式側が考えているのではないかと思います。
キュレム対聖剣士の後に流れる来年の映画の予告編にゲノセクトが登場したらしいです。
もっともポケモン映画の予告編は嘘予告が多い(命を賭けてかかってこい!<幻のポケモンルギア爆誕>闇サトシとサトシが対峙<幻影の覇者ゾロアーク>など)ので確定とは言えませんが…

しかし、来年の映画の主役ポケモンがゲノセクトとなると、この時期に無料配信する意味が分かりませんし(早めに幻のポケモンを全て解禁してしまう方が派生作品等を作る上で都合が良いからかもしれませんが)

単にゲノセクトが主役という訳でもない気がします。

ダウンロードソフトについて

ども、ポケマニアです。
今回はダウンロードソフトについて紹介します。

まずはポケモンARサーチャー(3DS6月23日配信300円)

このソフトは、自分の部屋でポケモンが捕まえられるというものです。
まぁ別ゲーですが、電脳人間のRPGみたいなものだと思います。
カメラで狙い、ビームを発射して捕まえます。

次はポケモン全国図鑑Pro(プロ)

7月14日配信予定で1500円。 ちょっとダウンロードソフトとしては高い金額ですね。
技や進化を調べたり、名前を6か国語の音声で聞けるらしいです。
これで1500円はお得なのかな……
この記事に対する意見
少々補足です。
全国図鑑Proですが、現在公開されている情報だと、
購入した時点で全てのポケモンが閲覧できるようです。
 
……ポケモン立体図鑑BWェ……。

で、の情報だと、昨年発売された
『ポケットモンスターブラック・ホワイト公式ポケモン全国図鑑がよくわかる本』との比較がおそらく重要になるかと思います。

まず、全国図鑑Proの優勢な点といえば、

何よりも可愛いポケモンをあらゆるアングルから見れるということ。

あんな所やこんな所まで見れます……いや、悪い意味じゃなくて。
一応立体資料として考えれば、さまざまなフィギュアを買い揃えるより格段に安いです。
多分3DS分の予算も含めて。

また、新しく公開されたポケモンの情報も載っているという点。

ケルディオやメロエッタ両フォルム、BキュレムやWキュレムに、霊獣親父の覚える技も確認できます。……できると思います。
また、複数ポケモンのステータス比べも出来ます。

で、よくわかる本の優勢な点といえば、シンプルに言って
  安価・今すぐ買える・オプション付き ですかね。
最初の二つはまあ置いておいて……オプション付きとは、どんなことか。
シンプルに言うと、全国図鑑完成のオススメ手順や、タマゴについて・ハイリンクについて、そして何よりポケモンの入手法について。
ポケモン立体図鑑BWでは、実はポケモンの入手方法自体は書いていなかったので、今回も期待できない可能性があります。
しかし、此方は安定の記載(BWのみだけど)!
「こいつ、どこでるの?」
という疑問を(BWのみだけど)解消できるのです!(BWのみに)万歳!
……とまあ、ふざけはここまでにしておいて。

あと、細かい点ですけど、よくわかる本だと、本であることにより、メモも入れきれます。
……狭いですけど。

と、まあこのように両方にメリットがあります。
どちらも捨てがたい、という方は両方買うのもいいかもしれませんね。
金が湯水のように消えますが。
では。
1500ポイントは高いと言われてますが、
ズームインしても全くカクカクにならないあのポリゴンは凄すぎですよ。
それを全ポケモンの数作るんですから・・・

ポリゴン作成にかかる費用を考えれば1、500ポイントは安い位です。
もっとも、立体ポケモン図鑑BWのクオリティならですけど・・・
超絶劣化してたら話は別です。