努力値 ポケモンBW2

ポケモンBW2攻略GEMANI

努力値カウント法

今回は努力値のカウント法です。
別に何匹倒したら~でもいいんですけどね。

まずは技のPPでカウントする方法

とりあえず努力値稼ぎのために戦う相手を全ての攻撃技で一撃で倒せるようにします。
努力値を目当ての数値まで稼ぐのに必要な倒す相手の数を求めます。
例えば倒す相手の数が25体であれば、PP15の技と10の技を全て使いきったところで終了です。
ポイントアップも活用しましょう。

次に電卓を使った方法

とりあえずドーピングで100まで努力値を溜めます。
そしたら電卓の仕様を調べましょう。

試しに
x+y=100の計算をして、=を連打します。
その数で増えれば、この方法を使えます。

表にするとこういうことです.

押したボタン 98-+-2-=-=-=
98-98-98-100-102-104

(分かりにくい表ですみません…)
100の後=連打で200-400…と増えてしまうと出来るかできないか微妙なところになります。
努力値を稼ぐために倒す敵の努力値の数値を調べましょう。
(専用ツール使うと一発です)

例えば努力値+4のポケモンで努力値を稼ぐ場合

96+4=100
で、1匹倒すごとに=を押せば努力値がカウントされます。

200-400…という増え方をした電卓の場合

これは一匹倒すごとの努力値の数に全てがかかっています。
100÷努力値の数=x
をして、xの数が整数にならなければ出来ません。
少数の場合は整数になるように持ち物などで調節するか、他の方法をとるかです。
整数になったら、
努力値の数++===…
で、100になるまでやります。
100になったら一匹倒すごとに=連打です。




努力値の稼ぎ方・下げ方

今回は努力値の稼ぎ方と減らし方です。

HP/稼ぎ方

ヒウン下水道の水上(春・夏のみ)に出現するベトベター(+1)
レベルが低くて戦いやすく、ドクターによる回復も可能。

HP/下げ方

ザロクの実(-10)
5番道路、ジョインアベニューで入手。

攻撃/稼ぎ方

フェスミッション格闘家と修行!または10人組み手!
で、空手王が出すズルッグ、ドッコラー、リオル(+1)
自動的にカウントされるので努力値カウントが楽。最低レベルは15。
レベルが高ければ、チャンピオンロードのジュペッタ、ゴルーグ(+2)でもよい。

攻撃/下げ方

ネコブの実(-10)
5番道路、ジョインアベニューで入手。

防御/稼ぎ方

電気石の洞窟テッシード、ギアル、ノズパス(+1)
バチュル、シビシラスはS+1。ガントルはAB+1。
磁力で引き寄せるとよい。

防御/下げ方

タポルの実(-10)
5番道路、ジョインアベニューで入手。

特攻/稼ぎ方

タワーオブヘブン2Fのヒトモシ、リグレー(+1)
2F以外はゴルバットも出現(S+2)
3回にいるナースで回復。

特攻/下げ方

ロメの実(-10)
5番道路、ジョインアベニューで入手。

特防/稼ぎ方

タチワキシティ水上のプルリル(+1)

特防/下げ方

ウブの実
5番道路、ジョインアベニューで入手。

素早さ/稼ぎ方

ヒオウギシティ水上のバスラオ(+2)

素早さ/下げ方

マトマの実(-10)
ジョインアベニューで入手。
今回はここまで。

努力値を252振る理由

育成のページで極振りしてるにも関わらず「SはVの方が良い」なんてほざいてる人が何人かいたので解説


LV50の場合、努力値を8振ることにより実数値は1上昇します。
つまり、努力値を252振った場合の実数値は31.5上がります。

なら248-248-8の方が無駄が無くていいだろ。

そう思う人が殆どでしょう。


ここで絡んでくるのが個体値。
これは0-31の中から各能力に振り分けられている数値で
個体値が2上がるごとに実数値は1上がります。
つまり個体値Vの時は15.5。Uの場合は15、実数値が上がります。

ここで先程の話に戻ります。
努力値を252振り、なおかつ個体値Vの場合、実数値は(31.5+15.5=47)上昇します。
一方努力値248、個体値Vの場合は(31+15.5=46.5)
努力値252、個体値Uの場合は(31.5+15=46.5)となり
実数値を0.5無駄にしてしまうのです。

つまり、252振りを行っている時点で対応する個体値が奇数であることは確定です。
そのため、SUでなければ出せないめざ炎は努力値は248振りとなるため

上昇するS実数値は(15+31=46)。
つまり最速となることは出来ないのです。




努力値の振り方

今回は努力値の振り方について書いていきます。
努力値は、1匹につき、510まで振ることができます。
また、能力1つにつき、255まで振ることができます。
つまり、2つの能力にまで努力値を最大まで振ることができるわけです。
しかし、強い能力2つにしか振っても強いポケモンは育ちません。
なぜなら、そのポケモンの短所を補えないからです。
確かに、優れた能力を伸ばすことが大事なので、
上の振り方でもそこそこ強いポケモンが育ちます。
まあ努力値のシステム自体理解するのは難しいですからね。
しかし、個体値や持たせたい持ち物によっては、
無駄がある振り方になってしまいます。
また、悪い振り方として全振りをしてしまっている方も
多いのではないでしょうか。
これははっきり言いますと、1番悪い振り方ですね。
なぜなら、この振り方だと長所も伸ばせないうえに、
短所も補えず中途半端になってしまうからです。
悪い振り方を解説したところで努力値の振り方について書いていきます。
努力値は、基本的にその努力値を持っているポケモンを倒していき
ためていきますよね。
この時はパワー系道具を持たせましょう。
パワー系道具とは、相手を倒したときこの道具の効果が発揮される
能力値に入る努力値が+4されるという道具です。
この道具を持たせれば相手を倒すことで確実に努力値がもらえます。
つまり、この道具を持たせれば、努力値の振りたい能力2つ同時に
努力値を振ることができるわけです。
なので、この道具は育てるとき必ず持たせましょう。
また、ドーピングも必須です。
ドーピングを1回することで、努力値を+10
最大まで行うと+100まで振ることができるからです。
但し、ドーピングは2つの能力にまでしか最大で使えないので
注意しましょう。
さらに、BW2になってアベニューが登場しましたよね。
これはとても便利で何とこれ1つで努力値を振ったり、
レベルをあげることができるのです。
それには、道場、カフェ、保育所が必要です。
手順としては、まず、保育所で厳選したポケモンの卵を孵します。
そうしたら、道場、カフェでレベル上げ、努力値を振りましょう。
道場は努力値を振ることに、カフェはレベル上げにむいています。
ドーピング12個セットをお得な値段で帰るので、
マーケットを入れてもいいと思います。
アベニューを使えば、かなり短い時間でポケモンの育成ができます。
そのかわり、ものすごくお金が必要です。
ポケモンの育成もずいぶん楽になりましたね。
では。

努力値とはなんぞや・・・

ども、ポケマニアです。
今回は努力値の基礎を解説します。

努力値とは・・・

 簡単に言えばスキルポイントの様な物です。
 例えばHPを上げるポケモンを倒しまくれば、
 次レベルを上げた時、HPがかなり上がると言うわけです。
 HPを上げりゃタフになるし、
 防御系を上げりゃ攻撃を耐える事だって出来ます。

でも、「あ、そうだHP上げよ」
とか言って100Lvで倒しまくっても、100Lvだからレベルは上がらないですよ。
当たり前か。

うーん、最強ポケモンを育成するのは難しい…
ではまた。
実は、BWから使用変更で、努力値が降られる度に再計算されます。

つまりレベル100でも努力値が降られるわけです。

レベル100限定の某神様も実質有効になるのです。
とはいえ、努力値には振れる限界があるので、
レベル100になる頃にはもうマックスでしょうが……